Little Gray

アクセスカウンタ

zoom RSS prospection pour l'investissement

<<   作成日時 : 2007/05/25 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

投資へのお誘われ。

オヒスになかなか居ないオリ。
ソレをご存知の社内外の方々はオリの捕捉に際して携帯電話へと入電される。
オヒス電話設置場所は机の一番奥。
パソコンの裏。
実際のところかかって来ないのではあるがまったく電話に出る気の無いヒトの様相。

夕刻。
入電。
発信者番号非通知。
以前ご担当していた企業の代表番号からの入電もやはり非通知
極悪この上ない設定だがそれ故に非通知といえども完全無視は決め込めない。
そして。
キタコレ投資用不動産勧誘

ただでさえ口頭での会話成立に難を感じるオリ。
ましてや電話口。
おそらくは口先三寸で n 百万円のインセンティブを獲得するのであろう彼等。
その巧みな話術に軽く揉んで頂くのも悪い話ではない。
差し迫った要件が無ければおはなしトレーニングの時間である。

まずは定番の審査が通らない
不動産賃貸収入を見込んで融資という手法もあるらしい。
提携金融機関の金利を訊ねてみると 2% 台
ソレでは車のディーラー金利よりも高いのではないか。

実際の処オリの給与を支給しているカイシャはポット出な訳である。
由緒正しいニッポン大企業の様に金利手数料はカイシャ負担の社内融資なんぞはない。
その点を指摘してみると。
どうやらそのような大会社ではケイレツで投資誘導までしてくれるそうなのである。
やれやれ。

先方もいつまでも an oil dealer になっているわけにも行かない様子。
融資を断ったことになっているオリの申し込み先を執拗に聞き出し始める。
オリコか J ナントカか。
おしえない。
申し込んだことは無い融資は教えられる訳が無いのである。

ネタも尽きた頃合。
もう結構ですから。
まるでその一言を待ち望んでいたかのようにガチャ切りされるオリ。
そう簡単に終話されるとは思っていなかった。
彼または彼女は勧誘したかったのかどうかすら怪しいものである。

不覚にも結構という単語を発してしまったオリ。
イマドキの消費者保護から言えば電話口での結構ですが契約締結に至ることはなかろうと。
困ったときばかりお上頼みである。

本日の哨戒活動。
赤坂見附から青山通りをひたすら西進して渋谷。
進路を南南西にとり代官山まで。
おおよそ 60 分の徒歩工程。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
prospection pour l'investissement Little Gray /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる